大谷翔平、“爆速打球”連発で球団記録! 1試合で179キロ以上の長打複数回は2人目

17号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
17号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

スタットキャストによる計測が始まった2015年以降、アイアネッタに続いて2人目

■エンゼルス 8ー1 ロイヤルズ(日本時間9日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地で行われたロイヤルズ戦で“爆速打球”を連発した。「2番・指名打者」で先発出場し、初回の第1打席で右中間へ先制17号2ラン。飛距離470フィート(約143.3メートル)のキャリア最長弾は、打球速度111.7マイル(約179.8キロ)を記録した。

 3回先頭で迎えた第2打席は右中間を破る二塁打。打球速度は、17号弾よりも速い112.6マイル(約181.2キロ)だった。

 MLB公式サイトの記者サラ・ラングスさんは2本の長打の打球速度に注目。自身のツイッターに「2015年からのスタットキャストによる計測の中で、オオタニは1試合で111マイル(約179キロ)以上の打球速度の長打を複数回放った2人目のエンゼルスの選手。クリス・アイアネッタと並んでいる」と記した。

 アイアネッタ氏は2012~15年にエンゼルスでプレーし、昨年現役引退した捕手。高速打球を次々と放つ大谷がまた新たな記録を打ち立てた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY