鷹マルティネス、初の月間MVP受賞を支えた甲斐の献身 「感謝したい」

ソフトバンクのニック・マルティネス【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのニック・マルティネス【写真:藤浦一都】

5月はリーグトップの4勝、防御率1.97、34奪三振をマーク

 ソフトバンクのニック・マルティネス投手が5月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。5月だけで4勝をマークした新助っ人は会見で「とてもうれしいし光栄に思います。自分の力だけでは受賞できなかった。甲斐のリードや、チームのみんなの助けがあっての受賞なのでみんなに感謝したい」と語った。

 今季日本ハムからソフトバンクに移籍したマルティネスはリーグトップの4勝、防御率1.97、34奪三振をマークしてチームに貢献し、ローテの柱として活躍した。月間MVPは初受賞。来日4年目で初の月間MVP受賞となり「去年は納得いくシーズンではなかった。今季は貪欲にトレーニングしてきたし、甲斐ともうまく作り上げてこられている」と胸を張る。

 登板後には必ずといっていいほど、捕手の甲斐に対しての感謝の言葉を並べるマルティネス。「キャッチャーとのコミュニケーションは大事。日本に数年いても打者の特徴、チームの特徴はまだ掴み切れていない。その理解度は甲斐のほうが深い。チームと甲斐のコミュニケーションも聞いているし、投手と捕手のコミュニケーションは大事だと思っている」と、甲斐の存在の大きさを認める。

「賞を光栄に思って、ただ、チームが目指しているのはもっともっと高いところ。それに貢献できるようにやっていきたい」と語るマルティネス。2年連続のリーグ優勝、5年連続の日本一に向け、助っ人右腕の働きは重要となる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY