日ハム、中田が「急性腰痛」五十幡は「左ハムストリングス肉離れ」と発表 前日の阪神戦で負傷

腰をおさえうずくまる日本ハム・中田翔【画像:パーソル パ・リーグTV】
腰をおさえうずくまる日本ハム・中田翔【画像:パーソル パ・リーグTV】

8日の阪神戦で中田、五十幡は途中交代していた

 日本ハムは9日、中田翔内野手が札幌市内の病院で精密検査を受け「急性腰痛」と診断されたことを発表した。また、ドラフト2位・五十幡亮汰外野手は「左ハムストリングス肉離れ(1度)」と診断された。

 中田は前日の阪神戦に「4番・一塁」でスタメン出場したが、3回の第2打席で三ゴロを放った際に腰に違和感を覚え途中交代していた。五十幡も同戦に「1番・中堅」でスタメン出場したが、初回の守備で飛球を追った際に左ハムストリングスに違和感を訴え途中交代していた。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY