ダルビッシュ、7回8奪三振2失点好投も2敗目 古巣カブス戦で自身5連勝でストップ

本拠地でのカブス戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
本拠地でのカブス戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

2015年CY賞アリエッタと投げ合い、7回8奪三振2四球3安打2失点

■カブス 3ー1 パドレス(日本時間10日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地のカブス戦で先発登板した。7回3安打2失点の好投を見せたが、打線の援護に恵まれなかった。今季2敗目(6勝)を喫した。防御率2.28。チームは1-3で敗れて2連敗。

 初回から3イニング連続で3者凡退。1点リードの4回に先頭・ピーダーソンに同点の右越えソロを被弾したが、先頭打者を出した5、6回は後続を仕留めた。7回は先頭・ハップの四球、ウィズダムの右前打で無死一、三塁。リゾを二ゴロ併殺打に打ち取ったものの、その間に勝ち越しを許した。7回100球(ストライク67球)を投げ、8奪三振2四球、3安打2失点だった。

 カブス先発の2015年サイ・ヤング賞アリエッタは5回4安打1失点と好投。パドレス打線は打ち崩せなかった。ダルビッシュは4月23日から自身5連勝中だったが、その連勝も止まった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY