大谷翔平もイライラ… 不可解なボーク判定に指揮官「フラストレーションたまった」

大谷のボーク判定に抗議するジョー・マドン監督(右)【写真:AP】
大谷のボーク判定に抗議するジョー・マドン監督(右)【写真:AP】

審判の説明にも納得できず「なにも間違ったことは見えなかった」

■エンゼルス 6ー5 Dバックス(日本時間12日・アリゾナ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、指名打者制のない敵地・ダイヤモンドバックス戦で「2番・投手」で出場した。マウンドでは3勝目はお預けとなったが、5回を8奪三振5安打2失点の力投。5回に2度のボーク判定を受け「久々にイライラしてしまったので、そこら辺はまだまだだと思う」と反省した。ただ不可解だったのは確かで、ジョー・マドン監督も「フラストレーションがたまるものだった」と言い切った。

 5回2死一、二塁の場面で、大谷はプレートを外して二塁へ牽制の仕草を見せたが、ボークの判定に。不服の表情で“WHY”のポーズ。マドン監督もベンチを出て抗議したが、判定は変わらず二、三塁となった。その直後、投球動作に入る前に静止していなかったと判断され、再びボークで失点。今度も首を捻る様子を見せた。

 大谷自身は冷静さを欠いたことを省みたが、指揮官も納得いかなかったよう。1つ目の判定には「(審判が)ピクっと動いてしまったからだと言っていた。私は彼の背中を見ていたが、その動きは見えなかった。私からはなにも間違ったことは見えなかった。普通の動きに見えた」と強調。2つ目についても「セットに入ってから素早く投げようとしたが、それが投げ方に影響した。しっかりと静止していなかったからというわけではないと思う。苦しかったよ」との見解を述べた。

 2度のボークは失点につながり、その後も振り逃げでさらに失点。不満が残る判定だったものの、結果的に勝利に導いたマドン監督は「敵地で延長戦を制することができたのは非常に良い兆候だ」とうなずいた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY