大谷翔平、まさかのボーク連発に納得いかず 現地解説も同調「どうしてこれが?」

ボーク判定に納得のいかない表情を見せるエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
ボーク判定に納得のいかない表情を見せるエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

大谷は“WHYポーズ”で不服の表情、首を傾げる仕草も

■エンゼルス 6ー5 Dバックス(日本時間12日・アリゾナ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、指名打者制のない敵地・ダイヤモンドバックス戦で「2番・投手」で出場した。マウンドでは3勝目はお預けとなったが、5回を8奪三振5安打2失点の力投。5回の度重なるボーク判定には納得いかない表情を見せ、解説も「この判定は理解できない」言葉を失った。

 5回2死一、二塁の場面で、大谷はプレートを外して二塁へ牽制の仕草を見せたが、ボークの判定に。不服の表情で“WHY”のポーズ。マドン監督もベンチを出て抗議したが、判定は変わらず二、三塁となった。その直後、投球動作に入る前に静止していなかったと判断され、再びボークで失点。今度も首を捻る様子を見せた。

 度重なるボークに対し、エンゼルスの地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」で解説を務めた球団OBのマーク・グビザ氏は「どうしてこれがボークなのか私には分かりません」と異議。2つ目についても「これが完全な静止じゃないとどうして言えるのでしょうか? 私にはこの判定は理解できません。2つともです。これは……」と言葉に詰まった。リプレーを見てもやはり納得いかない様子で「あれがボークなんてありえません。私の意見では両方ともありえません」とご立腹だった。

 チームは6回に同点に追いつかれ、大谷の今季3勝目はお預けに。降板後は右翼の守備についた。バットでは3回の第2打席、自打球に悶絶の表情を浮かべながらも右中間適時二塁打。さらに7回の第4打席で右越え二塁打を放ち、2試合ぶり今季17度目のマルチ安打をマークした。試合は延長10回の末に6-5でエンゼルスが勝利した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY