大谷翔平、3勝目権利を持って降板&右翼守備へ 自打球悶絶&ボーク連発も5回2失点

ダイヤモンドバックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
ダイヤモンドバックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

5回まで8奪三振5安打2失点、バットでは3回に右中間適時二塁打

■Dバックス ー エンゼルス(日本時間12日・アリゾナ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、指名打者制のない敵地・ダイヤモンドバックス戦で「2番・投手」で出場した。投打同時出場は6度目。自打球が右膝に直撃するアクシデントがあったが、5回8奪三振5安打2失点の力投で今季3勝目の権利を持って降板した。その後は右翼の守備に就いた。防御率2.85。フォーシームの最速は99.6マイル(約160.2キロ)だった。エンゼルスは6回表まで4-2でリードしている。

 大谷はアクシデントを乗り越えた。1点リードの3回2死一塁の第2打席で、右腕ケリーの内角フォーシームをフルスイング。打球は右膝付近に強打した。「あぁぁ」と絶叫し、その場にうずくまった。その後もプレーを続行し、6球目のシンカーを右中間へ。打球速度114.9マイル(約184.9キロ)の適時二塁打となった。さらに、レンドンの中前適時打で二塁から生還した。

 再三ピンチを招いたが、気迫の投球で乗り切った。3回2死二、三塁のピンチではカブレラを98.5マイル(約158.5キロ)の内角フォーシームで空振り三振。雄叫びをあげた。4回1死二、三塁ではケリー、アーメドを2者連続空振り三振に仕留めてガッツポーズを作った。死球、メジャー初のボークなどで2死二、三塁のピンチを招いたところでまさかボーク。1失点すると、さらにエスコバーの振り逃げの間に2点目を許した。
 
 球団によると、ナ・リーグ本拠地試合で先発投手が打順4番までに入るのは史上初めてだ。このままリードを守りきり、勝ち星をつかめるか。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY