大谷翔平の「光り輝いた1日だった」 自打球に悶絶も5回2失点&マルチに指揮官称賛

ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

自打球に悶絶直後にタイムリー&勝ち越し呼ぶ二塁打も

■エンゼルス 6ー5 Dバックス(日本時間12日・アリゾナ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、指名打者制のない敵地・ダイヤモンドバックス戦で「2番・投手」で6度目の投打同時出場した。3勝目はお預けになったものの、5回8奪三振5安打2失点と力投。バットでは3回に右膝に自打球を当てながらも右中間適時二塁打。7回の第4打席では右越え二塁打を放って一時勝ち越し劇を演出した。激痛にも耐えて投打で全うした姿に、ジョー・マドン監督は試合後「ショウヘイのとても光り輝いた1日だった」と称えた。

 3回2死一塁で、右膝に自打球を当てて悶絶しながらもプレーを続行。打球速度114.9マイル(約184.9キロ)の適時二塁打を放ってみせた。同点の7回無死一塁では右越え二塁打を放ってチャンスを拡大。2死後、暴投の間に勝ち越した。投げては、5回にまさかの1イニング2ボークなどで2失点。それでも5回8奪三振5安打2失点で勝利投手の権利を持って降板し、その後は右翼の守備に就いた。

 自打球の投球への影響を問われた指揮官は「もしかすると影響があったかもしれないが、そうは見えなかった」と説明。先発として5回まで投げたことに「彼は自打球を上手く乗り切ったと思う。球速は出ていたし、ストライクも多く投げていた。素晴らしかったよ!」と興奮気味に語った。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY