菊池雄星、今季4勝目ならず 7回6奪三振無失点好投も…救援陣4点差を守れずサヨナラ負け

インディアンス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
インディアンス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

敵地インディアンス戦で7回6奪三振3安打無失点、前回負傷降板の影響も見られず

■インディアンス 5ー4 マリナーズ(日本時間13日・クリーブランド)

 マリナーズの菊池雄星投手は12日(日本時間13日)、敵地のインディアンス戦で先発登板。7回3安打無失点と好投した。今季4勝目の権利を持って降板したが、3点リードの9回に救援陣が崩れて勝ち星はならなかった。防御率3.67。最速98.2マイル(約158.0キロ)だった。チームは延長10回4-5でサヨナラ負けを喫して3連敗。

 菊池は気迫満点の投球だった。2回2死二、三塁でミラーから最速98.2マイルのフォーシームで空振り三振。雄叫びをあげた。3回2死一、二塁ではハロルド・ラミレスを三ゴロに打ち取り、4、5、7回とテンポ良く3者凡退に。7回94球(ストライク58球)を投げ、6奪三振3四球、3安打無失点だった。

 前回5日(同6日)の敵地・エンゼルス戦では4回まで8奪三振と好投していたが、5回にフレッチャーのピッチャー返しが右膝付近に直撃。グラウンドに倒れ込んで、そのまま交代となっていた。中6日を空けての登板。負傷降板の影響を感じさせず、またも安定した投球を見せた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY