大谷翔平が代打で今季初安打 5点差逆転勝ちに指揮官ご満悦「POで戦うメンタリティ」

試合後のオンライン会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合後のオンライン会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

2点差の8回無死一塁でチャンス広げる強烈な右前打、代打では今季初安打

■エンゼルス 8ー7 Dバックス(日本時間13日・アリゾナ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、指名打者制のない敵地・ダイヤモンドバックス戦の8回に代打で登場。右前打を放ち、代打今季初安打をマークした。チームは最大5点差をひっくり返して8-7で逆転勝ち。今季初の5連勝を飾り、勝率5割に復帰した。ジョー・マドン監督は「プレーオフで戦うためのメンタリティだ。チームのためにプレーし、自分自身のことは二の次にするということだ」と手応えを掴む大逆転勝ちとなった。

 2点を追う8回無死一塁。大谷の登場に敵地は拍手喝采だった。4番手右腕カステヤノスから右前へ。打球速度108.8マイル(約175.1キロ)の弾丸ライナーで同一、三塁にチャンスを広げた。地元放送局の実況は「ロケットだ」と例える一打に、敵地ファンも大興奮。続くウォンのスクイズで1点差に迫った。

 チームは先発コブが3回に一挙5失点。厳しい展開だったが、4、5回に2点ずつ返して1点差の9回に3点を奪って逆転した。「選手たちがお互いのプレーを糧にしている。誰も嫌な思いをしていない。(2点差の8回に)ウォンにはバントをするように求め、完璧なバントをした。みんなが貢献している」。百戦錬磨の指揮官も喜ぶ5点差逆転勝利となった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY