DeNAが田中健二朗と支配下契約、背番号「46」 2019年のトミー・ジョン手術から復活

DeNA・田中健二朗【写真:荒川祐史】
DeNA・田中健二朗【写真:荒川祐史】

イースタン・リーグではチーム最多の21試合に登板し0勝1敗、防御率3.48

 DeNAは15日、育成の田中健二朗投手と支配下契約を結んだことを発表した。背番号は「046」から「46」に変更となる。

 田中健は2007年に高校生ドラフト1巡目指名で横浜ベイスターズ(現DeNA)に入団。2016、17年には60試合以上に登板し貴重な中継ぎ左腕として活躍。だが、2018年は11試合の登板にとどまり2019年8月に左肘内側側副靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を行い、同年オフに育成契約となっていた。

 今季はイースタン・リーグでチーム最多の21試合に登板し0勝1敗、防御率3.48の成績を残し復活の兆しを見せていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY