大谷翔平が2戦連発19号 連日の左投手攻略「苦手と思ってない。慣れが大きい」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

2回に今季3度目の2試合連発となる19号ソロ

■アスレチックス 8ー4 エンゼルス(日本時間17日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・指名打者」で先発出場し、2回の第2打席で、今季3度目の2試合連発となる19号本塁打を放った。左投手から2試合連続でアーチをかけ、「そんなに苦手と思っていないが、独特の球で慣れが必要だったのかなと思います。数をこなしていくうちに。右もそうですけど、慣れの部分が大きいのかなと思います」と振り返った。

 豪快弾は3点リードの2回2死だった。左腕アービンの初球スライダーに泳がされながらもバットに乗せた。右翼席へ飛び込む一発は飛距離435フィート(約132.6メートル)。打球速度110.9マイル(約178.5キロ)だった。2試合連発は、3戦連発した5月16~18日以来自身8度目だ。リーグの本塁打王争いでは、アスレチックス・オルソンを抜いてリーグ単独2位に浮上。両リーグトップを走るブルージェイズ・ゲレーロJr.には3本差に迫った。

 5回先頭では一塁側を固めるシフトを突いて三塁側へセーフティバント。「確実に出られると思った。有効かなと思った」と投手アービンが処理する間に一塁へ駆け抜けた。5試合ぶり今季18度目のマルチ安打をマーク。2死後には二盗を決め、2年ぶりにシーズン10盗塁に到達。メジャー通算39盗塁とし、日本人歴代5位の田口壮に並んだ。

 オールスター戦のファン投票で、ア・リーグ指名打者部門で1位と中間発表された。「たくさん投票してもらったのはありがたいなと思いました」と感謝した。チームは救援陣の乱調で最大4点差から逆転負け。6連勝後に3連敗を喫した。17日(同18日)の本拠地・タイガース戦では連敗ストッパーの期待がかかる。「(リアル二刀流は)チーム状況が分からないが、常にいける準備をしていきたい。このカード以前はいい流れで来ていた。もう1度、いい流れでできるように」と言葉に力を込めた。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY