巨人、平間隼人との支配下契約を発表 背番号は「93」に「やっとスタート地点」

巨人・平間隼人【写真:中戸川知世】
巨人・平間隼人【写真:中戸川知世】

一度は野球を辞め、電気工事士として働いたこともある苦労人

 巨人は17日、育成選手の平間隼人内野手と支配下選手契約を締結したと発表した。「002」だった背番号は「93」に決まった。

 鳴門渦潮高から四国ILplusの徳島を経て、2019年の育成ドラフト1巡目で巨人へ入団した平間。一度は野球を辞め、電気工事士として働いたこともある苦労人だ。育成2年目の今季は51試合に出場して打率.321、2本塁打14打点と結果を残し、3、4月度のイースタン・リーグの月間MVPも獲得していた。

 平間は球団を通じて「やっとスタート地点に立てたなという思いですが、ここからが勝負だと思います。自分の持ち味である、『キレキレ』な打撃・守備・走塁をアピールして、泥臭く全力プレーで頑張っていきます。応援よろしくお願いします」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY