特大弾の直後になぜセーフティバント? 大谷翔平が語った小技を選んだワケ

バント安打を決めたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
バント安打を決めたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

優先した先頭打者の出塁「試合もどちらか分からない状況だったので」

■アスレチックス 8ー4 エンゼルス(日本時間17日・オークランド)

 16日(日本時間17日)に行われたアスレチックス戦で2試合連発となる19号本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。2回の第2打席で右翼2階席へと運ぶ飛距離435フィート(約132.6メートル)の特大アーチを放った。

 この特大弾とともに、注目を集めたのが、第3打席で決めた絶妙なセーフティバントだ。3点をリードして迎えた5回の先頭打者として打席に立つと、その3球目で三塁線へとバント。アスレチックス守備陣が一塁寄りにシフトを敷く中で、ガラ空きの三塁線を狙い、見事に成功させた。

 2打席連続本塁打も期待される中で、出塁を最優先に考えたセーフティバントの選択。試合後、エンゼルスのジョー・マドン監督は「先頭打者として出塁することで、チームがさらに得点を重ねるための後押しをした。とてもチーム打撃ができる選手だ」と、チームの勝利のための最善策を考えた選択に称賛の言葉を送った。

 この場面について、大谷は試合後の会見でその意図を「本塁打で1点よりは、確実に出られるところ。試合もどちらか分からない状況だったので、先頭で出た方が有効かなと思っていきました」と語っている。この時点でのアスレチックスとの点差は3点。エンゼルスにとっては、なんとしても追加点を奪ってリードを広げたいところだった。

 追加点を奪うためには、確率の低い本塁打よりも、先頭打者が出塁して後続の打者に繋ぐことが重要。こう大谷は考えた。結果的にはスタッシー、イグレシアス、ウォードが相次いで凡退して得点には繋がらなかったものの、チームプレーを最優先に考える“大谷らしい”選択でもあった。

 この日4打数2安打だった大谷は17日(同18日)の本拠地・タイガース戦で今季10試合目の先発マウンドに上がる予定。エンゼルスは6連勝のあと、3連敗を喫しており、大谷には連敗ストッパーとしての期待もかかる。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY