菊池雄星が7回6K4安打1失点の好投で4勝目の権利 最速は158キロ&防御率3.46

レイズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
レイズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

1回に1失点も2回からの6イニングを2安打に封じた

■マリナーズ ー レイズ(日本時間19日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が18日(日本時間19日)、本拠地でのレイズ戦に今季13度目の先発。7回103球を投げて4安打6奪三振3四球1失点と好投し、今季4勝目の権利を得て降板した。最速98.1マイル(約157.9キロ)。防御率は3.46となった。試合は7回を終えて5-1でマリナーズがリードしている。

 菊池は1回、先頭のマルゴーに右前打、1死からメドウズに中前打を浴びて一、三塁のピンチを招き、ディアスの内野ゴロで1点を先制された。しかし、その裏に打線が6安打を集中して4点を挙げて逆転した。

 援護を得た菊池は2回から安定した投球。3、4回は3人で退けるなど2回以降の6イニングで許した安打は2本と、付け入る隙を与えなかった。

 今季の菊池は安定感抜群。4月29日(同30日)のアストロズ戦から5月30日(同31日)のレンジャーズ戦まで6試合連続クオリティスタート(QS)を達成。前回登板の6月12日(同13日)のインディアンス戦でも白星は付かなかったが、7回を3安打6奪三振無失点の好投を演じていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY