大谷翔平が2年ぶり1試合2発 MVPコール熱狂も“声援おねだり”「まだまだ足りない」

8回に21号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
8回に21号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

5打数2安打3打点、1試合2発は2019年6月30日以来719日ぶり自身4度目

■エンゼルス 11ー3 タイガース(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地のタイガース戦に「2番・指名打者」で先発出場した。5回の第3打席で日本人最速の20号2ラン、8回の第5打席では21号ソロを放った。日本人初の本塁打競争出場を表明した後の一戦で、リーグの本塁打王争いでトップに1本差に迫った。大谷は試合後のヒーローインタビューで、「常にセンターを狙って。あとはコースによって、左右に飛んでくれたらいいかなと思います」と振り返った。

 右へ左へ衝撃的な1試合2発だ。3点リードの5回1死一塁で右中間へ日本人最速20号2ランを放つと、8点リードの8回2死では左中間21号ソロ。1試合2発は2019年6月30日のアスレチックス戦以来、719日ぶり自身4度目だ。

 リーグの本塁打王争いではブルージェイズ・ゲレーロJr.が両リーグトップタイの22本塁打。一気に1本差に迫った。今季は開幕から投打の二刀流で活躍している。「怪我とかもあって、こうやって出来ないのが何年間も続いていたので。今年はいいペースで出られて良かったのかなと思います」と話した。

 前日17日(同18日)から本拠地の観客数の制限が解除され、地元ファンから打席ごとにMVPコールを受けた。「嬉しいんですけど、まだまだ足りないので。もっともっと入ってくれたら嬉しいと思います」と、さらなる声援をお願いした。本塁打競争出場については「力自慢の人たちがいっぱい集まるので、そこでどれだけできるのか。すごく興味があります」と前を向いていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY