大谷翔平、6月で自己最多タイ22号 5戦5発でシーズン50発ペース、エ軍3連勝で貯金1

22号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:AP】
22号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:AP】

驚異の5戦5発のアーチ量産でゲレーロJr.に再び1本差

■エンゼルス 8ー3 タイガース(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のタイガース戦で自身シーズン最多に並ぶ22号2ランを放った。「2番・指名打者」で先発出場し、3回の第2打席で2試合連続アーチ。本塁打王争いでは両リーグトップに1本差に迫った。6回の第4打席では申告敬遠で歩かされ、4打数1安打2打点1四球。打率.272となった。チームは8-3で3連勝を飾り、貯金1とした。

 1点リードの3回1死三塁。通算50勝・ペラルタが投じた95.3マイル(約153.4キロ)のフォーシームにバットを合わせた。左越えへの22号2ラン。2戦連発は今季4度目(通算9度目)だ。15日(同16日)の敵地・アスレチックス戦から5戦5発。シーズン50発ペースとなった。

 リーグの本塁打王争いではブルージェイズのゲレーロJr.に再び1本差に迫った。飛距離は398フィート(約121.3メートル)、打球速度は107.6マイル(約173.2キロ)だった。

 6回2死二塁では申告敬遠で歩かされた。本拠地の地元ファンは大ブーイング。次打者を告げる場内アナウンスがかき消されるほどだった。MVPコールが響いた8回1死二塁では左飛。それでも、チームは12安打8得点の猛攻。13日以来6日ぶりの貯金生活となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY