大谷翔平、自己最多23号2ランで両リーグトップに並ぶ 週間MVPへ大前進、エ軍惜敗

23号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
23号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本塁打→本塁打→投手3勝目→2本塁打→本塁打→本塁打

■タイガース 5ー3 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のタイガース戦でシーズン自己最多となる23号2ランを放った。「2番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席で今季2度目の3試合連発をマーク。驚異の6戦6発とアーチを量産し、両リーグトップに並んだ。4打数1安打2打点で打率.272となった。チームは延長10回で3-5で敗れ、連勝は3でストップ。勝率5割に戻った。

 快音が止まらない。2点を追う5回1死二塁。2年目右腕・マイズからバックスクリーンへアーチをかけた。同点の23号2ラン。ガッツポーズを作って何度も雄叫びをあげた。3試合連発は5月16日~18日以来、自身4度目。飛距離414フィート(約126.2メートル)、打球速度103.5マイル(約166.6キロ)だった。

 メジャー通算70号に到達した。投手としては139奪三振。大リーグ公式サイトのサラ・ラングス記者によると、通算70本塁打、100奪三振以上を記録しているのはベーブ・ルース(714本塁打&501奪三振)、リック・アンキール(76本塁打&269奪三振)、ジョニー・リンデル(72本塁打&146奪三振)に次いで史上4人目だ。

 また、メジャー通算200打点(通算201打点)にも到達した。日本人野手の通算200打点はイチロー(780打点)、松井秀喜(760打点)、青木宣親(213打点)、松井稼頭央(211打点)、井口資仁(205打点)に次いで6人目だ。

 初回1死、1点を追う3回無死一、三塁、7回2死と空振り三振を喫した。2点を追う延長10回2死二塁は四球を選んだ。次回登板は23日(同24日)の本拠地・ジャイアンツ戦に決定。2登板続けて中5日での登板となる。本塁打→本塁打→投手3勝目→2本塁打→本塁打→本塁打。漫画でも描けない活躍を続けている。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY