大谷翔平との強力1、2番コンビが… アップトンが腰を痛めて負傷交代

エンゼルスのジャスティン・アップトン【写真:Getty Images】
エンゼルスのジャスティン・アップトン【写真:Getty Images】

今季は打率.247、14本塁打、32打点

■エンゼルス ー ジャイアンツ(日本時間23日・アナハイム)

 エンゼルスのジャスティン・アップトン外野手が22日(日本時間23日)、本拠地のジャイアンツ戦で「1番・左翼」で先発出場。2回の第2打席で空振り三振し、3回守備でベンチに退いた。球団は「腰の張り」と発表した。

 5点を追う2回2死二、三塁。アップトンは空振り三振に倒れたが、打席中にスイングした際に顔を歪める場面があった。

 アップトンは今季途中から1番に入り、大谷翔平と強力1、2番コンビとして打線を牽引。5月まで打率.209だったが、6月は試合前まで打率.349と復調していた。今季成績は打率.247、14本塁打、32打点。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY