大谷翔平から2連続空振り三振 敵軍右腕が語る攻略法「彼のパターンにはまらない」

ジャイアンツ戦に出場も無安打3三振に終わったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
ジャイアンツ戦に出場も無安打3三振に終わったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

デスクラファニは7回無失点で今季8勝目、大谷とは2打数2三振1四球だった

■ジャイアンツ 5ー0 エンゼルス(日本時間23日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地のジャイアンツ戦に「2番・指名打者」で先発出場したが、3打数無安打3三振に終わった。日本人選手初となる4試合連発はお預け。大谷と3打席で対戦して2三振を奪ったデスクラファニは、「走者がいない状態で彼と対戦するのが理想だった。打撃のバランスを崩そうとした」と満足げに振り返った。

 ディスクラファニは初回1死、フルカウントから四球で歩かせたものの、3回先頭は高めのボール球、スライダーを使って空振り三振に。5回2死も高低を効果的に使って空振り三振に仕留めた。7回3安打無失点と好投し、今季8勝目(2敗)を挙げた右腕は「彼のパターンにはまらないようにしようと。僕としては今夜それができたと思う」と振り返った。

 大谷は3打数無安打3三振で4試合ぶりの無安打。日本人初の4試合連発はならなかった。23日(同24日)は今季4勝目を目指して先発マウンドに上がる。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY