大谷翔平は「またしても極めて素晴らしい登板」 指揮官が2戦連続QS好投を称賛

試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

「最初は噛み合っていなかったが、リズムに乗っていった」

■ジャイアンツ 9ー3 エンゼルス(日本時間24日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地・ジャイアンツ戦で「2番・投手」で出場。6回9奪三振6安打1失点と力投したものの勝敗はつかず。今季4勝目と日米通算50勝はならなかった。打撃は3打数無安打2三振で打率.265となった。試合は延長13回の総力戦の末に敗れた。ジョー・マドン監督は「またしても極めて素晴らしいパフォーマンス」と投球を称えた。

 今季8勝を挙げている相手先発ガウスマンと投手戦を演じ、4回まで無失点投球。5回1死からヤストレムスキーに先制の右越えソロを浴びたが、1死一、二塁ではベルト、クロフォードを2者連続空振り三振に仕留めた。フォーシームの最速は99.2マイル(約159.6キロ)。105球(ストライク65球)は今季最多だった。

 指揮官は「本当に良かった。最初は少し噛み合っていなかったが、その後リズムに乗って良くなり続けていった」と評価。さらに「ヤストレムスキーには打たれたが、またしても極めて素晴らしいパフォーマンスだったし、そのお陰で勝利のチャンスもあった。相手の投手陣も素晴らしかった」と語った。

 今季11試合登板で防御率2.58。今月は登板全4試合で2失点以下で、6回1失点だった17日(同18日)のタイガース戦に続いて2戦連続クオリティスタート(QS)を達成した安定感を指揮官は称えた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY