大谷翔平は「デグロムが持つもの全てを持っている」 殿堂入り右腕が断言

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「最大の強みはピッチングだと思ってます」投手・大谷の才能に最大級の賛辞

 もし、エンゼルス・大谷翔平投手が投手としてのプレーに専念したら……。すでに23本塁打するなど、リーグ有数の強打者として君臨している現状ではありえない想定だ。しかしこの問いに「ジェイコブ・デグロムへの道を辿る」と明快に答えたのが、MLBで21年間プレーし、214勝154セーブの実績を残したジョン・スモルツ氏。MLBネットワークが公式ツイッターで伝えた。

 メッツのデグロムは今季防御率0.50を記録中、難攻不落の“打たれない投手”だ。スモルツ氏は大谷との比較で「もし彼が投手に専念したら、ジェイコブ・デグロムへの道を辿っていることでしょう。デグロムが球界最高の投手であることは皆が知っています。最も圧倒的な投手です。大谷は今その道にはいませんが、ポテンシャルは持っています」とコメント。能力は決して劣らないと断言した。

 スモルツ氏は大谷が前回先発し、6回1失点だった23日のジャイアンツ戦の映像を見ながら、スライダーで多くの空振りを奪っていること、失点後に投球のギアを上げ、球速で圧倒してみせたことなどに言及。類まれな技術をたたえ「本当に、大谷はデグロムが持っているものすべてを持っています。私は大谷が持っている最大の強みはピッチングだと思っています」と投手としての今後に期待を寄せる。

 ただ、二刀流でいるからこそ、MLBの世界でも珍しい数々の偉業を記録しているのは事実だ。スモルツ氏も「彼は足でも打撃でも素晴らしい強みを持っています。できる限りは二刀流を続けていくでしょう」と、二刀流の行く末を見守っていくつもりのようだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY