大谷翔平は「この惑星の者じゃない」 エ軍TV局は初回先頭打者弾に衝撃「TVゲーム」

初回に先頭打者本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
初回に先頭打者本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

初回先頭打者弾はメジャー初、右翼席の広告看板を越える138メートル弾

■レイズ ー エンゼルス(日本時間26日・セントピーターズバーグ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に「1番・指名打者」で先発出場した。第1打席で自身初の初回先頭打者弾となる24号ソロを放った。3試合ぶりの一発は右翼席の広告看板を越える一発。地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」は大盛り上がりだった。

 ド迫力の一発だ。初回先頭。右腕キトリッジのチャンジアップを完璧に捉えた。飛距離453フィート(約138.1メートル)の特大アーチだった。実況のマット・バスガージアン氏、名物解説のマーク・グビザ氏は笑いながら伝えた。

 実況「本拠地で4本のホームランを打っていました。そしてここタンパはセントピートでもホームランです。時間はかかりませんでした。オーなんてことだ!」

 解説「ほっほっほ」

 実況「キャットウォークのようにセクシーだ! ハッハー!」

 解説「これが先頭打者のスイングだ! ショウヘイ・オオタニの24号ホームラン! ショウヘイが試合開始からダメージを与えました! 笑みを浮かべています。あれだけ遠くに飛ばしたら笑わずにはいられないでしょう(笑)」

 実況「これはテレビゲームだよ。違うゲームをプレーしている」

 解説「この惑星の者じゃありません。あれだけ遠くに飛ばすなんて、彼がこの惑星外の存在だという私の思いを強くしました」

 実況「私もそう思います」

 3回無死二塁では敵軍の意表を突くセーフティバント。一塁バント安打として、5試合ぶり今季20度目のマルチ安打をマークした。2019年6月13日に日本人初のサイクル安打を達成したトロピカーナ・フィールドで、またも強烈なインパクトを残した。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY