菊池雄星、5回まで6K好投も6回途中降板 2死から連続四球でピンチ招くも後続が火消し

Wソックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:ロイター】
Wソックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:ロイター】

得点圏に走者背負っても落ち着いた投球見せたが…

■Wソックス ー マリナーズ(日本時間26日・シカゴ)

 マリナーズの菊池雄星投手は25日(日本時間26日)、敵地でのホワイトソックス戦に先発し5回2/3を1失点。今季5勝目の権利を持って降板した。6奪三振で防御率3.34。

 菊池は初回3者凡退の絶好の立ち上がり。2点の援護をもらった2回1死から、グランダルにカットボールを捉えられ左越えソロ本塁打を許したものの、その後もホワイトソックス打線を寄せ付けなかった。3、4回も3人で片付け、5回は先頭のグランダルを四球で歩かせ、ボーンの遊ゴロで二進。初めて得点圏の走者を背負ったが続くガルシアをスライダーで空振り三振、コリンズを96.6マイル(約155.4キロ)の直球で見逃し三振に仕留めた。

 6回無死一塁からアンダーソンを一ゴロ併殺に打ち取った際にはベースカバーに向かおうとして転倒したものの、審判の問いかけに照れ笑いを見せる余裕も。ただ、2死からの連続四球でピンチを招くと降板した。2番手は元楽天のシャギワ。アブレイユを右飛に打ち取り火消しを果たした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY