菊池雄星「西武ドーム思い出した」 猛烈な湿気も5回2/3を1失点で今季5勝目

Wソックス戦に先発し5勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
Wソックス戦に先発し5勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

24日誕生日迎えた瑠美夫人に捧げる勝利

■マリナーズ 9ー3 Wソックス(日本時間26日・シカゴ)

 マリナーズの菊池雄星投手が25日(日本時間26日)、敵地でのホワイトソックス戦に登板し今季5勝目を挙げた。5回2/3を投げ1失点という内容に「選球眼のいいバッターも多いので、とにかくストライク先行で行こうという話はしていた。それはできたと思う」と納得の言葉を並べた。

 初回を3者凡退の立ち上がり。2回グランダルに左翼へソロ本塁打を許したものの、崩れることなく3回、4回と3人ずつで片付けていった。右の強打者が多く、中地区首位の強豪チームとの対戦は楽しみにしていたといい「4回までのピッチングは理想というか、こういうピッチングをしたいなという感じでした」。「一番自信もってストライク取れる」というカットボールを中心に据え、投球を組み立てていった。

 ただ6回、先頭に四球、一ゴロ併殺で2死としたもののさらに連続四球を与えて降板した。5回から、具体的な部位には言及しなかったものの痙攣のような症状が現れ始めており「5回の最後のバッターの時に感じまして、かばいながら投げることになって思い切りいけなかった。熱いす。汗も湿度もすごかったので、ちょっと西武ドーム思い出しましたね」と猛烈な湿気で知られるかつての本拠地になぞらえた。

 元アナウンサーの瑠美夫人は24日が誕生日。家族への思いを聞かれると「勝ちがつくというのは僕にとっても大きいですけど、家族は勝ちがつくことを喜んでくれる。どんどんいい報告というか、プレゼントを届けたいですね」と照れていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY