「あのボールは天国へ行った」 大谷翔平の“看板越え弾”は「この世のものとは…」

初回先頭打者本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
初回先頭打者本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

更新していく衝撃「世代を代表する才能の持ち主」

■レイズ 4ー3 エンゼルス(日本時間26日・セントピーターズバーグ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地トロピカーナ・フィールドでのレイズ戦で、メジャー自身初の初回先頭打者弾を放った。「1番・指名打者」として、いきなり3試合ぶりの24号ソロ。右翼席の広告看板を越える特大アーチに、ファンからも「この世のものとは思えない」「あのボールは天国へ行った」などと驚きの声が上がった。

 息をのむ一発だった。大谷は初回、初対戦の右腕・キトリッジのチェンジアップをフルスイング。飛距離453フィート(約138.1メートル)、打球速度116.1マイル(約186.8キロ)の豪快アーチを架けた。3回にはバント安打を決め、5試合ぶり今季20度目のマルチ安打もマークしてみせた。

 MLB公式ツイッターが先頭打者弾の動画を公開すると、ファンも続々と反応。「この世代を代表する才能の持ち主だ」「スーパースター」「このユニコーンは誰にも止められない」などと最大級の賛辞が並んだ。25本塁打でメジャートップタイのブルージェイズ・ゲレーロJr.、パドレス・タティスJr.を1本差で追う二刀流が、観る者の驚きを更新している。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY