大谷翔平が「クレイジー・スピードだ」 “爆速”適時二塁打を名物解説が大絶賛

第2打席で適時二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
第2打席で適時二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

名物解説グビザ氏「ほとんどの打者はシングルヒットと打点でかなり満足するのに」

■レイズ ー エンゼルス(日本時間27日・セントピーターズバーグ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地のレイズ戦に「1番・指名打者」で先発出場した。3回の第2打席で2試合連続安打となる右翼線適時二塁打を放った。地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」の名物解説マーク・グビザ氏は、足の速さに注目した。

 2点ビハインドの3回無死一、三塁。最速163キロを誇る新人左腕マクラナハンの外角スライダーに食らいついた。人工芝で高くはずんだ打球は一塁手・崔志萬の頭上を越えて右前へ。適時二塁打とした。エンゼルスOBでもあるグビザ氏が注目したのは、足の速さだ。

「ショウヘイ・オオタニのクレイジー・スピードだ。ほとんどの打者は、あの打球ならシングルヒットと打点でかなり満足するのに。彼の頭の中には二塁打がありました」。同1死二、三塁からレンドンが一時逆転の2点二塁打。こちらも決して当たりは良くなかったが、二塁から悠々と生還した。

「バリー・スポーツ・ウエスト」は中継中に今季15本塁打&10盗塁以上を決めている選手として、ブレーブス・アクーニャJr.、パドレス・タティスJr.と共に大谷を紹介した。投打だけじゃない。大谷の足もチームの大きな武器となっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY