Dバックス、2か月ぶり敵地で勝利 MLBワースト記録は「24連敗」でストップ

3回に2ランを放ったDバックスのエドゥアルド・エスコバー【写真:AP】
3回に2ランを放ったDバックスのエドゥアルド・エスコバー【写真:AP】

パドレスに10-1大勝 ケリーが再び連敗ストッパーに

■Dバックス 10ー1 パドレス(日本時間27日・サンディエゴ)

 ダイヤモンドバックスは26日(日本時間27日)、サンディエゴでのパドレス戦に10-1で勝利し、MLBワーストを更新していた敵地での連敗記録を「24」で止めた。敵地では実に4月25日(同4月26日)のブレーブス戦以来、約2か月ぶりの白星だ。

 17日(同18日)のジャイアンツ戦に敗れて敵地23連敗となり、1943年アスレチックスと1963年メッツが持っていたメジャー記録を更新、その後記録を伸ばしていた。

 1回にエドゥアルド・エスコバー内野手の適時二塁打で1点を先制、2回にはクリスチャン・ウォーカー内野手のソロ本塁打、3回にはエスコバーが2ランと畳みかけ、4回まで6-0とリードを奪った。

 先発のメリル・ケリー投手には、21日(同22日)のブルワーズ戦でチームの連敗を17で止めた実績がある。初回3者凡退の絶好の立ち上がり。25日(同26日)に1試合3本塁打したフェルナンド・タティスJr.内野手に対しても第1打席から二ゴロ、遊撃内野安打、三振と長打を許さず、6回無失点で降板。7回から継投に入った。

 不名誉な記録を止めたとはいえ、ダイヤモンドバックスは今季22勝56敗、借金34でナ・リーグ西地区の最下位。これで6月はやっと3勝目だ。2000年にヤクルトでプレーした経験もあるトーリ・ロブロ監督が指揮を執っている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY