筒香嘉智は「日を追うごとに良くなっている」 マイナー調整中、ロバーツ監督が好評価

ドジャース・筒香嘉智【写真:AP】
ドジャース・筒香嘉智【写真:AP】

右ふくらはぎ痛でIL入り、3Aでも打率1割未満の苦境…

 ドジャースのデーブ・ロバーツ監督が26日(日本時間27日)、傘下3Aオクラホマシティで調整している筒香嘉智外野手に言及。右ふくらはぎ痛で負傷者リスト(IL)入りしている日本人選手について、「ヨシは日を追うごとに良くなっている」と語った。

 開幕をレイズで迎えた筒香は5月15日(同16日)にドジャース移籍。ただその後も打率.120、本塁打なしと成績を残せず、6月9日(同10日)にIL入りした。17日(同18日)から傘下3Aオクラホマシティで調整。20日(同21日)には1試合2本塁打したものの、打撃成績はなかなか上がってこない。「5番・一塁」で先発した26日(同27日)も4打席に立ち3打数0安打、1四球。打率はついに1割を割り.091まで落ち込んだ。

 ロバーツ監督は、毎試合出場できていることを評価した上で「1週間以内に、彼の身体的な状態とパフォーマンスの面についても、球団として判断していくと思う」とコメント。近く何らかの動きがみられそうだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY