大谷翔平、ヤ軍撃破の先制26号に指揮官「理想的だ」 敵地4連戦の白星発進にご満悦

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

大谷は5打数1安打で打率.275、チームは救援陣が踏ん張り連勝

■エンゼルス 5ー3 ヤンキース(日本時間29日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」でスタメン出場。両リーグトップタイとなる先制26号ソロでチームを勢いづけた。試合後、ジョー・マドン監督も「彼の本塁打から始めることができるのは理想的だ」と賛辞を送っていた。

 ヤンキー・スタジアムでの初安打は豪快な一発だった。初回の第1打席では右腕・キングから右翼席へ球団最速となる打球速度117.2マイル(約189キロ)、飛距離416フィート(約127メートル)の26号先制ソロ。その後は4打席連続で凡退となったが豪快なアーチで敵地のNYファンを黙らした。

 2試合連発、そしてメジャートップタイとなる26号にマドン監督もご満悦だった。敵地での4連戦の初戦を白星スタートで飾り「中飛に終わった2打席目も(本塁打の)チャンスがあったと私は思っている。ニューヨークでの遠征を本塁打から始められたことは彼にとって理想的だ」と称えていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY