大谷翔平、自己最速189キロ弾丸26号の打球音にNYメディア驚愕「正真正銘のミサイル」

26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

ヤンキースOBのオニール氏「プレミアな打者による打球にはある特有の音が聞こえる」

■ヤンキース ー エンゼルス(日本時間29日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で2試合連発、両リーグトップに並ぶ26号ソロを放った。豪快な一発に敵地メディアも「あの音を聞きましたか? 正真正銘のミサイル」と驚きの声を上げていた。

 3年ぶりのヤンキー・スタジアムに登場した大谷にNYファンも興味津々だった。初回の第1打席に入る前にブーイングは起きなかった。直後に右翼席へ自己最速となる打球速度117.2マイル(約189キロ)、飛距離416フィート(約127メートル)の26号ソロを放ち球場はどよめきが起こった。

 この試合を中継した地元TV局「YESネットワーク」で実況を務めるマイケル・ケイ氏も「右翼席後方に強い打球です。入りました。観客席に弾丸のような当たりです」と唖然。

 さらに1994年に首位打者を獲得したヤンキースOBのポール・オニール氏も衝撃の打球音に注目し「あの音を聞きましたか? プレミアな打者による打球にはある特有の音が聞こえるものですが、オオタニの打球もそれです。正真正銘のミサイルでした」と賛辞を送っていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY