大谷翔平は「ベーブ・ルースの領域」 “聖地”での189キロ弾丸26号に米メディア衝撃

26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

右翼席へ弾丸ライナーで飛び込む両リーグトップタイの26号ソロ

■ヤンキース ー エンゼルス(日本時間29日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で名刺代わりの一発となる26号ソロを放った。ヤンキー・スタジアムでの初安打が自己最速189キロの豪快弾となり米メディアも「ベーブ・ルースの領域だ」と賛辞を送っている。

 敵地のNYファンを黙らせる豪快な一発だった。大谷は初回の第1打席で右翼席へ自己最速となる打球速度117.2マイル(約189キロ)、飛距離416フィート(約127メートル)の26号ソロを放った。

 3年ぶりのヤンキースタジアムで“敵地初安打”をホームランで飾った二刀流を地元TV局「スポーツネット」は「オオタニのヤンキー・スタジアムでの初安打は正真正銘の力強い一発だ」と速報。さらに米経済誌「フォーブス」のバーニー・プレスコフ氏も自身のツイッターで「正気か? これこそ投手/スラッガーとしてはベーブ・ルースの領域だ」と、“元祖二刀流”に例え賛辞を送っていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY