「名実ともに世界一のチーム」 大谷翔平、ヤンキース撃破の26号ソロに「光栄」

26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「何回も来ることないと思うので、数少ない打席の中で結果が出たのは良かった」

■エンゼルス 5ー3 ヤンキース(日本時間29日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」でスタメン出場。両リーグトップタイとなる先制26号ソロを放ち5打数1安打1打点の活躍。試合後はヤンキー・スタジアムで放った一発に「名実ともに世界一のチーム、そういうところでプレーできて光栄」と語った。

 二刀流の大先輩でもあるベーブ・ルースがプレーしたヤンキース。その本拠地での初安打を両リーグトップタイの26号で飾った大谷は試合後、MLBネットワークのインタビューに応じた。

 初回の第1打席で球団最速となる打球速度117.2マイル(約189キロ)の豪快弾を振り返り「初回だったのでいい打席にしたかった。いいところに来たのでしっかり振れたので良かった」と納得した表情を見せた。

 ベーブ・ルース以来の投打同時出場となる“リアル二刀流”を実現させるなど、全米から注目を集める活躍を見せている。3年ぶりにヤンキー・スタジアムでプレーしたことを問われると「名実ともに世界一のチームだと思うので、そういうところでプレーできるのは光栄。何回も来ることないと思うので、数少ない打席の中で結果が出たのは良かった」と笑顔を見せていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY