大谷翔平の大活躍にヤ軍コールが“手のひら返し” 過去の発言を撤回「僕が間違っていた」

26号ソロを放ち勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
26号ソロを放ち勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷のファンを公言しているコール「とにかく本当にアメージングな才能だ」

■エンゼルス 5ー3 ヤンキース(日本時間29日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」でスタメン出場し、ヤンキー・スタジアムで初安打となる26号ソロを放った。完全復活を遂げた“二刀流”に相手エースのゲリット・コールは「僕が間違っていたと証明した。間違いなく歴史的なことだ」と過去の発言を撤回し、賛辞を送っている。

 アストロズ時代の2018年に大谷と対戦しているコール。当時から「二刀流・大谷」のファンであることを公言していたが、大谷の類まれな才能を最大限発揮するための持論を展開していた。特にトミー・ジョン手術を受けた後には、現在のように打席に立ちながら先発投手として投げる二刀流での出場には消極的な考えだった。

 だが、今季はケガもなく打者として本塁打争いを繰り広げ、投げても11試合に登板し3勝(1敗)、防御率2.58と規格外の成績を残している。

 地元紙「NYポスト」は大谷の活躍を目の当たりにしたコールのコメントを紹介。全米が注目する大谷の活躍ぶりに「彼の活躍は僕の考えが間違っていたと証明した。とにかく本当にアメージングな才能だ。今年やっていることは、間違いなく歴史的なことだね」と改めて大谷の才能に感銘を受けた様子だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY