大谷翔平、メジャー初「1番・投手」! マドン監督は降板後の外野起用も「考えている」

試合前会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合前会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

6月だけでここまで13本塁打を放ち、日本人月間最多本塁打記録もかかる

■ヤンキース ー エンゼルス(日本時間1日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地でのヤンキース戦(午前8時5分試合開始)に「1番・投手」で出場する。大谷のメジャーリーグ公式戦での「1番・投手」での起用は初。初回の第1打席では中飛に倒れたものの、敵地ニューヨークのファンから大歓声が起こっていた。

 大谷の「1番・投手」での出場は3月21日(日本時間22日)のパドレスとのオープン戦以来で、メジャー公式戦では初。日ハム時代の2016年7月3日のソフトバンク戦では「1番・投手」で出場し、初回に初球先頭打者本塁打を放ち、8回無失点で勝利投手になっている。公式戦ではそれ以来となる「1番・投手」。エンゼルス広報によると、「1番・投手」での起用は1900年以降では史上4人目。

 また、ジョー・マドン監督は試合前の会見で降板後の外野手での起用も示唆。「考えている。心配はしていない。球数やイニング数、イニング間の様子などを見ながら考えたい。しかし、(外野で使うことに)反対はしない」と語り、可能性を示していた。

 今季ここまで打者として266打数74安打28本塁打63打点、打率.278をマークしている大谷。前日29日(同30日)の同戦では2打席連続本塁打を放ち、本塁打数でメジャー単独トップに立った。現在3試合連続本塁打中と絶好調で、渡米後初の4戦連続本塁打に期待がかかる。また6月だけで月間13本塁打を放っており、14本目を放つと、2007年7月のヤンキース・松井秀喜氏を抜く日本人月間最多本塁打となる。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY