「悔しいし残念」「チーム的にも痛い」 初回もたずKOの大谷翔平、一問一答

「長いシーズンの中でこういう難しいゲームも必ず来ると思う。そういうときに切り替えられるかも大事」

――1回での降板となった思いは。
「DHも解除しているので、なるべく長い回を投げないといけないところではあった。こういう形になってしまうのがチーム的にも痛い。点を取られるにしても取られ方もあると思いますし、長いイニングを投げながらじっくりいきたいところではありました」

――ヤンキー・スタジアムでの初登板だった。
「もちろんいいピッチングできればよかったと思うんですけど、長いシーズンの中でこういう難しいゲームも必ず来ると思う。そういうときに切り替えられるかも大事ですし、また何回もチャンスがあると思うので、そうなった時にいいパフォーマンスできるように頑張りたいと思います」

――スプリットを使えるカウントもあった。
「キャッチャーの(カート・)スズキさんもスライダーのサインで、そっちの方がいいんだろうと配球してくれていたと思う。結果論になってしまうので、ああすれば良かった、こうすれば良かったというのは多少なりともあると思うんですが、あのときの選択としては良かったと思っています」

――身体が突っ込むのはどういうときに起きる?
「身体の状態的には起きたときもかなりスッキリしていましたし、いい状態で臨めたと思っている。そういうときは力づくで投げたり、そういう傾向が強いのかなというのがある。重いな、ダルいなというときのほうがゆったり使えることもある。そういうところにちょっと難しいところがあると思います」

――昨日と一昨日のホームランは?
「最近はしっかり振れている打席多いのかなと思う。打った打たないは結果論にはなると思うんですけど、打ち取られたセンターフライも個人的には凄く良かったと思っている。そういう打席が多くできれば、いい結果が出るのかなと思う。こういう有名な球場で打てたのは自信になるかなと思います」

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY