巨人原監督、楽天へトレード移籍の炭谷にエール 「野球人としてさらに飛躍してほしい」

楽天へのトレード移籍が発表された炭谷銀仁朗(左)と巨人・原辰徳監督【写真:荒川祐史】
楽天へのトレード移籍が発表された炭谷銀仁朗(左)と巨人・原辰徳監督【写真:荒川祐史】

炭谷は古巣に感謝「首脳陣の皆さんに指導してもらったことは私にとって宝物」

 巨人は4日、炭谷銀仁朗捕手が楽天へ金銭トレードで移籍が合意したことを発表した。原辰徳監督は球団を通じ「巨人軍で得た経験を、これからの野球人生にいかして、野球人としてさらに飛躍してほしいと思います」とエールを送った。

 2018年に海外FA権を行使した炭谷を獲得した原監督は「私と炭谷本人、球団でよく話し合った上で、このような選択になりました。巨人軍で得た経験を、これからの野球人生にいかして、野球人としてさらに飛躍してほしいと思います」と、新天地での活躍を願うコメントを発表。

 また、炭谷も球団を通じ「ジャイアンツに来て2年半、ジャイアンツのユニホームを着てみんなと戦えたこと、首脳陣の皆さんに指導してもらったことは私にとって宝物です。今まであたたかい声援をおくっていただいたファンの皆さんにも感謝しています。ジャイアンツで培ったことをいかして、日本シリーズでジャイアンツと戦えるよう頑張ります」と、古巣への感謝、そして楽天での活躍を誓っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY