大谷翔平、反撃タイムリーが幻に… 指揮官はアウト判定に覆り“抗議”「納得のいく証拠を」

第3打席で左前打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で左前打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

マドン監督「判定には完全性が伴わないといけない」

■Rソックス 5ー4 エンゼルス(日本時間6日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のレッドソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席で左前打を放った。この日が27歳の誕生日で2年ぶりのバースデー安打。1点差の9回2死一、二塁ではニゴロに倒れ、5打数1安打で打率.277。チームは4-5で敗れ、連勝は4でストップした。

 大谷の久々のシングルヒットは、反撃の一打となるはずだった。3点を追う5回1死二塁。左腕ペレスから左前へ打ち返した。二塁走者ロハスは本塁突入。1度はセーフの判定だったが、チャレンジでアウトに覆った。試合後、マドン監督は怒りの“物言い”だ。

「選手たちの努力に感謝している。素晴らしかったと思う。そして判定が覆った場面だが、はっきりと分かる納得のいく証拠を提示してもらいたい。我々は勝てる状況だった」

「判定には完全性が伴わないといけない。私が話をした人たちは、あの判定が覆るべきだと指摘する明確な証拠があったとは言ってなかった」

 1点差に迫った9回2死一、二塁はオッタビーノにニゴロに抑えられ、あと1点届かなかった。チームの連勝は4でストップ。今季4勝目を目指す6日(同7日)の先発マウンドで仕切り直しといきたいところだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY