大谷翔平、今季2度目の週間MVPを受賞 通算4度は野茂&松井秀に並び日本人2位タイ

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

打率.286、6本塁打、8打点を記録 日本人選手ではイチローの5度が最多

 大リーグ機構は6日(日本時間7日)、週間MVPを発表し、エンゼルスの大谷翔平投手が選ばれた。6月14~20日に続いて今季2度目の選出。2018年4月2~8日、同9月3~9日にも受賞しており通算4度目。

 週間MVPの対象は6月28日~7月4日。大谷は打者として6試合出場し、打率.286、6本塁打、8打点、1盗塁、OPS1.543をマークした。日本人選手ではイチローが5度が最多で、野茂英雄、松井秀喜の4度に並んだ。大谷は6月の受賞時に「とても光栄です。今週も選ばれるように頑張りたいと思います」とコメントしていたが、2週間ぶりの受賞となった。

 ナ・リーグはブレーブスのオジー・アルビーズ内野手が初受賞した。6試合出場し、打率.400、3本塁打、13打点、OPS1.167を記録した。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY