大谷翔平、危機一髪に本拠地ヒヤリ… 弾丸ライナー直撃回避の「JUMPが華麗」

「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ゴセリンの弾丸ファウルが三塁走者・大谷を強襲するも…

■エンゼルス 5ー4 Rソックス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地のレッドソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で左前打を放って2点を奪う先制劇を演出。その走塁中に地元ファンを少しヒヤリとされる場面があった。

 1点先制した直後の初回1死三塁。三塁走者・大谷の足元をゴセリンの強烈なファウルが襲った。打者から大谷までは15メートルもない。大谷は軽くジャンプして打球直撃を回避したものの、地元ファンは騒然とした。

 地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」公式ツイッターはライナー強襲映像を動画でアップした。ファンは「それにしてもJUMPが華麗」「彼は優れた運動神経を持っている 羨ましい」などと危機回避能力に注目していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY