大谷翔平、メジャー史上初の快挙達成 オールスター前に32本塁打&12盗塁

日本人シーズン最多となる32号を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
日本人シーズン最多となる32号を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

5回に日本人最多本塁打記録を更新する32号勝ち越しソロ

■エンゼルス ー Rソックス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、日本人最多本塁打記録を塗り替えた。本拠地でのレッドソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回先頭で迎えた第3打席で3試合ぶりの32号ソロを放ち、松井秀喜氏の持つ日本人シーズン最多本塁打記録を更新。メジャー史上初の偉業も達成した。

 同点で迎えた5回の第3打席。3球目、5球目と脚に自打球を当てて絶叫して顔を歪めたものの、痛みに耐えつつ、豪快なアーチを放った。7球目、左腕ロドリゲスの投じたチェンジアップを捉えて右翼スタンド中段付近へ。勝ち越しの32号ソロ本塁打で2004年松井秀喜(ヤンキース)が記録した日本人最多本塁打を塗り替えた。

 この一発で大谷は今季32本塁打、12盗塁を記録。エンゼルス広報のマット・バーチ氏は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニはオールスター休暇前に32本塁打、12盗塁を記録したメジャーリーグの歴史で最初の選手となった」と伝えた。また、MLBスタッツによれば、オールスター休暇前までに放った32本塁打は、2013年に37本塁打を放ったクリス・デービス以来で最多の記録だ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY