「我々は間違いを犯した」 大谷翔平に141m特大33号を浴びた敵将も脱帽

33号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
33号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

試合に勝ったマリナーズのサービス監督も大谷をただただ称賛

■マリナーズ 7ー3 エンゼルス(日本時間10日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地でのマリナーズ戦で33号ソロを放った。「2番・指名打者」で先発出場すると、3回の第2打席で右翼スタンド最上段へ飛び込む約141.1メートルの特大弾。この一発には、試合に勝ったマリナーズのスコット・サービス監督は「オオタニはとてつもないシーズンを送っている」と脱帽した。

 特大の一発はエンゼルス2点リードの3回1死で飛び出した。この試合まで通算11打数1安打と苦手にしていた左腕のゴンザレスが投じた高めシンカーを大谷が完璧に捉えた。右翼最上段席へ消える33号ソロ。マリナーズ本拠地で史上最速弾となる打球速度116.5マイル(約187.5キロ)でスタンドに突き刺す一発となった。

 この一発には同僚のアップトンでさえベンチ内で頭を抱え、敵味方問わず唖然。しばらく敵地のファンはどよめきが収まらなかった。終盤に逆転に成功し、勝利したサービス監督も「オオタニはとてつもないシーズンを送っている。我々は間違いを犯し、彼にはその代償を払わされた。彼にはあのようなパワーと才能がある。最終的にはあの1発の価値は1点で、ハニガーの(満塁弾)は4点。オオタニほど打球は飛んでいなかったが、私としてはハニガーの一発の方が好きだ」と語り、大谷の活躍ぶりをただただ称賛していた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY