大谷翔平のHRダービーを「一番いいところで見るだけ」 捕手務める水原氏が抱負

エンゼルス・大谷翔平の通訳を務める水原一平氏【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平の通訳を務める水原一平氏【写真:Getty Images】

大谷通訳の水原氏がホームランダービーで捕手役として参戦する

 エンゼルスは10日(日本時間11日)、大谷翔平投手の通訳を務める水原一平氏がホームランダービーで捕手役を務めることを発表した。日頃から通訳業務だけでなく、キャッチボール相手など練習相手を務める水原氏は、「普通にやれば、いいところまでいけると思う。大谷の力になれること? 特にないですね。僕は座っているだけなので。一番いいところで見るだけです」と語った。

 この日の敵地・マリナーズ戦前の打撃練習では、同僚スタッシーからもらった星条旗カラーのキャッチャー防具を付けて練習した。「意外と足が疲れました」と笑った。捕手役に決まった経緯については「投手が決まって、その次に『キャッチャーどうするの?』と。キャッチャーをわざわざ連れて行くのもあれなので。特にキャッチャーはやることがないので、『じゃあ僕でいいんじゃないか』となりました」と明かした。

 大谷はホームランダービー初出場初優勝が期待されている。「時間とか計算していないんですけど、できれば後攻で最小限で勝ってほしいです。先攻になると最後まで打ってしまうので。翌日も控えているので、なるべく最小限の本数で勝ってほしいです」と期待を込めた。「(オールスターの楽しみは)全部ですね。たぶん投げて打ったりするので。(オールスターは)初めて。ホームランダービーもそうですけど、全体的に楽しみたいと思います」と語った。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY