「34号レッツゴーーー!」大谷翔平の5戦ぶり一発に米も大喜び「HR欠乏が終わった!」

9回の第5打席で34号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
9回の第5打席で34号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

土壇場9回に5戦ぶり一発、米メディア「ベーブ・オオタニ」

■マリナーズ 7ー4 エンゼルス(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地でのマリナーズ戦で、後半戦初アーチとなる34号2ランを放った。5試合ぶりの一発で本塁打王争いでは2位に3本差に。土壇場で放った一撃に、米メディアも歓喜。「バーストゥールスポーツ」のジャレッド・カラビス記者は「ショウヘイ・オオタニの4試合に及ぶホームラン欠乏がついに終わった!」と綴った。

 大谷は「2番・指名打者」で先発出場。第1打席から快音が遠ざかっていたが、最後のに待望の一発が飛び出した。5点を追う9回2死三塁の第5打席で中越の2ラン。打球速度107.3マイル(約172.7キロ)、飛距離419フィート(約127.7メートル)だった。

 心配されるオールスターゲームの疲れを払拭する一撃。大谷のアーチは米メディアにも活力を与えている。MLBアナリストのライアン・スペイダー氏は「ベーブ・オオタニ」と“元祖二刀流”に引っ掛けて投稿。FOXスポーツのアナリスト、ベン・バーランダー氏は「ショウヘイ・オオタニの34号レッツゴーーー! 伝説は続く」とハイテンションで喜んだ。

 MLB公式ツイッターは「そして彼は明日投げる」と翌19日(同20日)のアスレチックス戦に先発することを言及。AP通信でエンゼルス番を務めるグレッグ・ビーチャム記者は「オオタニが80マイル(約128.7キロ)を切らないスライダーをなんとか打って34号本塁打とした。しかもそれはゾーンよりかなり低い球だった(笑)OK、ショウヘイ」と絶賛した。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY