ダルビッシュ、6回途中2失点の力投も今季4敗目 黒田氏に並ぶ日本人2位の通算79勝は次戦へ

ブレーブス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ブレーブス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

同点の6回にフリーマンに勝ち越しソロを浴びる

■ブレーブス 2ー1 パドレス(日本時間21日・アトランタ)

 パドレスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、敵地ブレーブス戦に先発。6回に勝ち越しソロを浴びるなど5回2/3、4安打2失点で今季4敗目を喫した。

 左股関節の張りからの復帰戦、前日の試合は悪天候で中止となり、スライド登板となったダルビッシュ。初回は無失点スタートも、2回は2死からアルモンテに右翼線二塁打、続くヘレディアに左前適時打を浴び先制点を許した。

 味方打線は1点を追う4回に反撃。1死二、三塁からファムが左犠飛を放ち同点に追いつき、ダルビッシュもその後は5回まで得点と許さなかった。だが、同点の6回1死走者なしからフリーマンに左翼席へソロを浴び、勝ち越しを許した。2死からライリーに死球、ボートに四球を与えたところで降板となった。

 試合はそのまま1-2で敗れ、ダルビッシュは5回2/3、4安打3奪三振2失点の力投を見せたが今季4敗目。この試合に勝てばメジャー通算79勝で黒田博樹氏と並び、日本人歴代2位の勝利数だったが節目の白星は次戦に持ち越しとなった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY