菊池雄星の“魔球”が「忘れられない」 自己最多12Kに指揮官「支配的だった」

アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

サービス監督「今日の投げ方を忘れないことを願うよ」

■マリナーズ 4ー3 アスレチックス(日本時間24日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は23日(日本時間24日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発して6回を6安打3失点、自己最多となる毎回の12三振を奪った。勝敗は付かず今季7勝目とはならなかったが、効果的だったチェンジアップをスコット・サービス監督も「支配的な球だった」と絶賛した。

 毎回の12K。1イニングに2個ペースで三振を奪った菊池をサービス監督も称賛した。「前半戦で何度も見てきたような素晴らしい投球。今日はチェンジアップが良かった。数年前は使えていなかったが、今はうまく使いこなしている。非常に手強いチーム相手にチェンジアップで何度もアウトを奪っていた」とうなずいた。

 直近2度の登板は5回5失点(対ヤンキース)、5回7失点(対エンゼルス)で敗戦投手になっていた。しかし、この日はチェンジアップが冴え、菊池本人も「また一つの引き出しになるんじゃないかと思う」と手応えを得た投球。「今日投げていたチェンジアップは忘れられない。何度も何度も良いコースに投げていたし、腕の振りのスピードも良かった。打者も今の球は『なんだ』と驚いた表情をしていた」と指揮官は語った。

 今後に向けても大きなステップになった投球。「また(この日のようなボールを)投げてくれたらと願っているよ(笑)。支配的な球だった。ユウセイはいつもだいたい1試合で6~8球ぐらいしかチェンジアップを投げない。今日は何球投げたか分からないが、山ほど空振りを奪っていた。打者が96~97マイル(約154~156キロ)の速球に合わせにきている中、大きな変化をする86マイル(約138キロ)のチェンジアップが来るんだ。今日の投げ方を忘れないことを願うよ(笑)」と指揮官は期待を口にした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY