「もう対戦しなくて済むことにホッとしてる」大谷翔平、35号に敵将も脱帽

35号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
35号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

8回での敬遠は「偉大な選手に対してみんなやる事」

■エンゼルス 6ー2 ツインズ(日本時間26日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、35号のソロ本塁打を放った。敵地でのツインズ戦に「2番・指名打者」でスタメン出場すると、同点で迎えた6回の第3打席で勝ち越しのソロ。ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.との差を再び3本に広げた。

 完璧な一発だった。6回1死走者なしでの第3打席。2番手左腕・コロンのスライダーを捉えると、打球は右翼スタンドへと一直線。飛距離414フィート(約126.2メートル)、打球速度112.6マイル(約181.2キロ)。大谷本人が確信歩きで打球を見届ける豪快なアーチとなった。

 1点リードで迎えた8回2死三塁で迎えた第4打席では、ツインズベンチが勝負を避けて敬遠四球。敵地にも関わらず、ツインズのファンも巻き込んでスタンドは大ブーイングに包まれた。エンゼルスは9回に3点を追加。大谷のソロが決勝弾となり、勝利を掴んだ。

 試合後、ツインズのロッコ・バルデリ監督は敬遠で歩かせた場面について「彼は偉大な選手だ。偉大な選手に対してみんなやる事。彼がチームの勝利のために直接貢献しようが、我々が敬遠して彼を出塁させることになろうが、いずれにせよ今後も(チームの勝利のために)多いに活躍していくことに変わりはない」とコメント。さらには「今シーズンもう対戦しなくていい事にホッとしてる」と安堵していた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY