大谷翔平が特大141m36号 指揮官は激賞「完璧なスイング、非常に大きな音」

36号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
36号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

5回に中越え36号2ラン、自身2位タイの141メートルの特大弾

■ロッキーズ 12ー3 エンゼルス(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地のロッキーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。2打席凡退で迎えた5回の第3打席で2試合ぶりの36号2ランを放った。自身2位タイの飛距離463フィート(約141.1メートル)の特大弾。ジョー・マドン監督は「何も驚くことはないよ。完璧なスイングで、非常に大きな音だった。フィニッシュも非常に良かった」と称えた。

 10点差の5回2死三塁、左腕ゴンバーの甘いスライダーを中越えへ吹っ飛ばした。両リーグトップを走る36号2ラン。打った瞬間に本塁打を確信する完璧な一撃。本塁打王争いでは2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に4本差をつけた。指揮官は特大アーチに賛辞の言葉を並べた。

「ここの右中間に飛んだ打球の中で最長じゃないかな? あのセクションに飛んだ最長の打球だと思う。もう一度言うが、何も驚くことはない。彼が何をしても私たちはもう驚かない」

 4打数1安打2打点1四球で打率.276とした。シーズン58発ペース。78打点とし、リーグトップ81打点のレッドソックス・デバースに3点差に迫った。投手による打撃2冠王だって決して不可能ではなさそうだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY