「これは何? ゲームか何か?」大谷翔平の現実離れした本塁打にファン驚き

36号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
36号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

球場の歴史に残るレベルの特大弾を大谷は「毎日やっている」

■ロッキーズ 12ー3 エンゼルス(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルス・大谷翔平投手が放った特大の36号本塁打にファンの賛辞が集まっている。エンゼルス公式ツイッターが「36」とだけ題して公開した投稿には「この男は野獣だ」「これは何? ゲームか何か?」と驚きのコメントがついた。

 大谷は27日(日本時間28日)に行われた本拠地・ロッキーズ戦の5回、飛距離463フィート(約141.1メートル)、打球速度110.4マイル(約177.7キロ)という特大の中越本塁打を放った。「ここであんなに大きな本塁打を打てるのは、バリー・ボンズとボー・ジャクソン以外記憶にない。でも大谷は毎日やっているんだ!」と、エンゼル・スタジアムの歴史を振り返るファンもいた。

 それでもチームは3-12と大敗し、ファンは相当ストレスをためている様子。「エンゼルスの今シーズンを見ていて楽しいのは、オオタニのホームランを見ている時だけ」というコメントには「オオタニが先発として投げている時もでしょ」とコメントが連なり、「私の1日を少し良くしてくれた」と大谷のプレーが唯一の希望となっているような声もあった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY