菊池雄星、4失点で6敗目もサービス監督は評価 「ユウセイは良い球を投げていた」

アストロズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
アストロズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

アストロズ打線を称える「相手が手強い打線だった」

■アストロズ 11ー4 マリナーズ(日本時間29日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が28日(日本時間29日)、本拠地のアストロズ戦に先発。グリエルにソロを浴びるなど5回7安打4失点(自責3)で今季6敗目を喫した。試合後、スコット・サービス監督は「決してそこまで悪くなかった」と一定の評価を与えていた。

 中4日のマウンドでも150キロを超える直球は健在だった。エラー絡みで2回に先制を許すと、その後は2本のタイムリー、5回にはグリエルにソロを浴び4失点で降板。この日は審判が際どいコースをストライクを取らず、判定にも泣かされ、サービス監督も猛抗議し退場処分を受ける場面もあった。

 試合後、サービス監督は「ユウセイは良い球を投げていたと思う。球数がかさんでしまい、2回は長いイニングになってしまったが、決してそこまで悪くはなかった」と語った。菊池の直球、変化球に対応したアストロズ打線を称え「相手が手強い打線だった」と振り返っていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY